スポンサードリンク

ハリー・バーンズワース(花咲ける青少年)

花咲ける青少年の花鹿のぱぱりんのハリーです。

特別篇の2巻で若かりしハリーがでてきたのですが、

もう、超超超かっこいい~。

本編読んでた時にはノーマークだったのですが、

この特別篇のハリーたまりません。

花鹿のお母さんとのなれそめの話になるのですが、

イケメンの若き実業家という隙のないハリーが一人に弱い男の人になり、花鹿のお母さんと恋に落ちる。

もう、萌え萌えポイントおさえすぎです。

自分が、マハティの私生児であるが故の孤独というか、父をもとめるさみしさというか憂いというか垣間見れて。

もう、全部がGOOOOOODな作品でした。

hanasake

 

こんなこと言われた日にはあんた。

ま、壁ドンと同じく、誰でもいいわけではなく、かっこいい人&好きな人にいわれる限定ですけどね。

画像をクリックするとアマゾンの他の方のレビューが読めます。

なぜ、今回ハリーがいきなりでてきたかというと、

コレのせい。これよんで、ぱぱりんの恋愛といえば!と読み直ししてしまった・・・・。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください